ウォーターサーバーとは

最近では、ウォーターサーバーが官公庁や病院などにも多く設置されるようになったので、目にされたことのある方もたくさんいらっしゃるかもしれませんね。

水宅配各社の配送社を目にする機会も多くなったように思います。

メーカーによって多少しくみは異なり、ウォーターサーバーに直接貯水するタイプのものもありますが、一般的には、上部に水の入ったタンクを設置し、その下にレバーがついていて、冷水や温水を汲み出す事のできる機器です。

多くの場合は、水の入ったタンクが空になると、そのタンクのみを交換し、ウォーターサーバーは継続して使います。

ウォーターサーバーのメリット

一定期間でウォーターサーバーのメンテナンスが必要になりますが、水の購入回数が多い場合などは、そのメンテナンス料が無料になるサービスを行っているメーカーもあります。また、購入量によって送料が無料になったり、そもそも送料の負担がないメーカーもあるようです。

ペットボトルは、開封してしまうと、外気と触れてしまうので、雑菌が繁殖してしまう事があるのですが、ウォーターサーバーは外気に触れないように設計されている事が多いので、ボトルが空になるまで衛生的なまま飲むことができます。

なぜ今ウォーターサーバーが人気なのか

性能のよい浄水器も多く販売されていますが、いくら性能がよくても、その水は水道水であることには変わりありません。

ペットボトルで販売されているピュアミネラルウォーターなどのおいしい水を、水道の蛇口をひねるような手軽さで飲むことができることが一番の人気の理由でしょう。

他にも、ペットボトルの水は、開封した時から外気に触れてしまい、冷蔵庫に保存していても、雑菌が繁殖する可能性がありますが、ウォーターサーバーは外気に触れないよう設計されていることが多いので、衛生的です。

衛生面への配慮から、開栓後は必ず冷蔵庫に保存しなければならず、冷蔵庫内の場所を取られていましたが、ウォーターサーバーはそのような事もないのも嬉しいですね。

また、発注さえすれば、自宅やオフィスまで重たい水を届けてくれるというのが魅力ですよね。

手間要らずで使用出来る

コップ1杯の冷たい水も、カップ1杯のコーヒーもウォーターサーバーが一つあれば簡単に飲むことができ、冷蔵庫がペットボトルに占領される事も、いちいちお湯を沸かす手間も必要ありません。

保温ポットで保温したり、電気ポットで沸かすよりも電気代も安くなるので経済的です。

市販されているペットボトルは持ち運びを考えているので大きくても2リットル程度ですが、ウォーターサーバーは大きなボトルで届けられるので、ゴミを減らす事もできますし、小分けされた水を購入するより経済的です。

テーブルの上に設置できるものや、床に設置するものまで色々で、用途に合ったものを選ぶことができます。

オフィスなどで給湯室が遠い場合にも重宝しますし、新たに水道設備を設けることなく、工場や倉庫、イベント会場などでも利用できます。

様々なタイプのウォーターサーバー

最近では水宅配業者が増えるとともに、ウォーターサーバーの種類も多くなっています。
下記に、ウォーターサーバーの比較を挙げてみます。

○卓上に置けるタイプのもの、床に据え置くタイプのものとがあります。
○タンクに給水し溜めるタイプと、ボトルから直接給水するタイプがあります。
○色の展開があるものとないものがあります。
○ボトルだけを交換するタイプと、蛇口まで毎回交換するタイプがあります。

各メーカーなどの主張を伺うと、「ここも違う!」というアピールポイントはあるかもしれませんが、当方が気づいた点は主に上記の通りでした。

特徴を見て選ぶ

各社のウォーターサーバーは、雑菌の繁殖を押さえ衛生的に保つことや、省スペース化、使用の簡便化、節電などそれぞれ工夫が行われていているので、ウォーターサーバーでお勧めできないものはないと思われます。

「お部屋のイメージに合う色を使いたい」、「卓上で使いたい」ということであれば、そういった仕様のウォーターサーバーを取り扱う業者などをお選びいただくといいかと思いますが、特に上記の点が気にならないということであれば、ウォーターサーバー本体の仕様ではなく、どんな水を飲みたいかということと、ランニングコストで比較されるご家庭や企業が多いのが現在の状況だと思います。

ウォーターサーバーの選び方

まずは、どの水が飲みたいかということが一番の選択肢になるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーメーカーによって扱う水の種類は様々で、天然水であるのか、ろ過水であるのかも異なります。天然水の場合、採水地によって、含まれるミネラルや硬度が異なります。
そのために、ウォーターサーバーを設置する前にご自分の好みの水を知っておくのも必要かもしれませんね。

ウォーターサーバーには、床に設置するタイプの他、卓上に設置できるタイプを扱うメーカーもありますので、設置場所を考えて選ぶ方法もあります。

お部屋に合わせて、色を選ぶことができるメーカーもあります。

まずは体験する方が良い

ボトリングされている水の種類によって、費用が異なるのはもちろんですが、メンテナンス費用や送料についても、各社扱いが異なるので、その内容を検討されると良いでしょう。

ただ、水は体にとって、とても大切なものなので、送料や、メンテナンス費用ばかりに気をとられてしまうことのないようにして下さいね。

無料でウォーターサーバーが体験できるサービスも各社で行われています。

体験期間や、水の量は各社で異なりますが、実際に設置する前に、是非一度お試しされるのをお勧めします。

ウォーターサーバーの設置費用

今ではウォーターサーバー本体は無料レンタルであることも多いですが、レンタル料が発生しても600円~1500円程度であることが多いです。

有料レンタルのウォーターサーバーをご利用になる場合、長期間にわたってその水宅配業者と契約されるのであれば、レンタルよりも購入される方が安い場合もあります。

価格は業者によって3万円前後から10万円前後と様々です。

また、レンタルの場合はメンテナンス料が無料でも購入の場合は有料になる事もあるようなので、購入前によく内容を確認してください。

水のボトルが使い捨て容器の場合、無料レンタルとなっている事が多く、使い終わった後のボトルを回収して再利用するタイプの場合は有料レンタルとなることが多いようです。

実際にウォーターサーバーを設置してから必要になる費用は、ウォーターサーバーレンタル料、メンテナンス料、水代、送料、電気代です。それらは、水宅配業者がきちんと返答できなければならない内容です。

費用について質問をした際に、明確に説明できる水宅配業者をご利用になるようにして下さい。

お好みの水が決まっている場合には、上記の費用を比較する事で、どの水宅配業者にすると良いのかを決めることができるでしょう。

ウォーターサーバーの電気代

冷水・温水が使用できるタイプのもので、12リットルのボトルを4本使うとすると、月額1000円程度となっているようです(この水の使用量は4人家族を想定しています)。

これよりも水の消費量が少なければ安くなりますし、多ければ高くなります。
この費用は、どちらのメーカーの場合でも大きな差はないということです。

ウォーターサーバーの電気代だけで月額1000円て高くない?」と思われる方もおられるかもしれませんが、電気ポットと同等かそれよりも低額となっているようです。

電気代は月額1000円程度かかりますが、冷蔵庫の開け閉めや、湯沸し時のガス代又は電気代が必要なくなりますし、トータル的には節約につながることになります。

電気代節約のために電源を切ることは止めてください。塩素消毒された水が入っているわけではないので、常温で長時間置いておくと、雑菌が繁殖します。長期間留守にする場合などは、電源を切るとともに、水もしっかり抜いておきましょう。

ウォーターサーバーを家庭で使う

水道水の水質に不安を感じていたり、健康増進のためにミネラル豊富な天然水を毎日摂りたいという方が増え、数年前から水は買って飲むものというのが当たり前になってきました。

そして、今では安全でおいしい水を自宅まで届けてくれる水宅配のウォーターサーバーをご利用になる家庭が増えています。

他の家電製品のように、一家に一台の時代が近づいているのかもしれません。

ウォーターサーバーを設置するメリットは、水を自宅まで届けてくれる事、大きなペットボトルに冷蔵庫を占拠されずに済む事、小さなお子様がいてもロック機能があるものが多いので安心、いつでも冷温水が使用できる事など数々です。ランニングコストも経済的なことも魅力です。

安全でおいしい水なので、家族の健康にもいいですし、素材の味を活かすことができるので、お料理が一段とおいしくできると好評です。

日本茶や紅茶、コーヒーを入れてももちろんおいしくいただけますが、温水ボタンを押すだけなので、お湯を沸かす手間と光熱費を省くことができると言うのは主婦ならずとも嬉しい事でしょう。

ウォーターサーバーをオフィスで使う

オフィスビルなどでは、給湯室が設けられている事が多いですが、給湯室が遠く、不便な位置にオフィスがある場合などは本当に便利です。

お茶汲みというお仕事は、決して軽んじてはいけないものですが、他にも大事なお仕事を任されているので、できるだけお茶汲みにかかる時間や手間を省きたいというのは本音ではないでしょうか。

また、いざお茶を入れようとした時に、ポットのお湯がなくなってしまい、手間取ってしまった経験のある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーなら、いつでもすぐに冷温水が出るのでそのような失敗もなくなります。

お茶汲みにかかる時間を仕事に回してもらえるので、会社側にもメリットは大きいでしょう。

コストダウンも出来る

ウォーターサーバーは省スペースで設置できるので場所も取りません。

オフィス内で邪魔になるようなことも無いのではないかと思います。

給湯設備のない場所でも、電源さえあれば冷温水が使えるということもメリットの一つです。

例えば、屋内外の展示場やイベント会場でも設置可能ですし、工場や倉庫などにも簡単に設置できます。

新たに給湯設備を整えることに比べてとても経済的です。 寒い時期に温かい飲み物が飲めるのも嬉しいですが、最近夏場になると必ず報じられる熱中症についても、水分をきっちりと補給する事で予防できます。

メンテナンスの方法

定期的なメンテナンスを必要とするウォーターサーバーと、必要ないとするウォーターサーバーがあります。

それらの違いは、機械内部を衛生的に保つ事ができるように設計されているかどうかというところにあるようです。 ただ、メンテナンスが必要としているウォーターサーバーが衛生的では無いという訳ではありません。

飲用に使用する水を衛生的に保つ為に、より安全を考慮してメンテナンスを推奨しているようです。

また、メンテナンス期間も1年とするものや2年とするもの、メンテナンス料の有料無料の違いもあります。 メンテナンスを推奨しているウォーターサーバーをご使用になる場合には、そちらの費用もきちんと確認をして下さい。

メンテナンスの手順

メンテナンスが必要であっても1年に1度程度のことですが、日々のお手入れは必要です。

ボトル交換時にその設置部分を拭き取ります。蛇口部分や受け皿などは毎日洗える部分は洗い、拭き取らなければならない部分は、きちんと拭き取ります。

コーヒーやカップ麺にお湯を注ぐ時に直接入れていると、その飛沫が飛んでいることもあります。

お手入れを怠ると、その部分から雑菌が繁殖してしまうかもしれないので、きちんとお手入れをして下さい。

お手入れが上手にできないという方は、蛇口部分がボトルと一体になっているタイプのウォーターサーバーもあります。

そちらもある程度のお手入れはもちろん必要ですが、ボトル交換の際に蛇口部分が新しくなるので、衛生的に使い続けることができるでしょう。

水の宅配を始めよう!

近年の環境汚染の進行により、水道水が安全というイメージはもはや崩れつつある状況です。 日本では絶対に売れないと言われていた天然水の販売ももはや市場規模はかなり大規模なものとなっています。

当サイトでは独自に口コミなどから集計した人気の水宅配会社をピックアップし、オススメ順に比較、ランキング化しています。 あなたも健康を取り戻す、水の宅配生活を始めてみませんか?

天然水宅配シェアNo.1! 27万台を突破!

水 宅配・ウォーターサーバーはコスモウォーター

選べる3種類の天然水!「富士の滴」「日田の誉」「古都の天然水」の中から自分のお好みに合わせた水を選択頂けます。 またメンテナンスフリーの特許製品のウォーターサーバーで、安全・衛生面もバッチリ!リサイクル可能PETですので、環境にも配慮されています。


【水の価格】 1,323円(9L)、1,680円(12L)、1,890円(12L)
【サーバーレンタル料】 永久無料
【宅配エリア】 全国(北海道・沖縄を除く)

飲んだ分だけお得さ広がるポイントシステム!

ウォーターサーバーは神戸ブランドのドリームウォーター

ただいま急成長中の水宅配サービスの「ドリームウォーター」。業界ナンバーワンと言っても過言ではない7色のオシャレなウォーターサーバーでインテリアデザインを壊しません。「日田源泉水」「パナジウム水」「夢の天然水」の3種の100%天然水があなたの生活に産地直送!


【水の価格】 1,680円(12L)、1,890円(12L)
【サーバーレンタル料】 永久無料
【宅配エリア】 全国(北海道・沖縄を除く)
※ポイントサービスでプレゼントが貰えます

業界大手で最安値の低価格を実現しました!

次世代型ウォーターサーバー「オアシス」

オアシス独自のワンウェイシステムにより、衛生的で安全性の高い天然水をお届けしているオアシス。業界大手としては有り得ないくらいの超激安価格でのミネラルウォーター!なんと500mlあたり39円!また無菌エアシステムの5種類から選べるウォーターサーバーも魅力的です。


【水の価格】 1,680円(12L)、1,890円(12L)
【サーバーレンタル料】 永久無料
【宅配エリア】 全国(北海道・沖縄を除く)

水道水と飲料水の違い

水道水は飲料水の一つで、飲料水には他にも、井戸水・河川水・天水・海水を淡水化した水・ミネラルウォーターなどがあります。

飲用を目的として給水される水道水については水道法によって水質基準が定められていて、水道事業者はこの基準に適合した水を供給しなければいけません。

個人所有の井戸水などの水質基準については法的には定められていませんが、水道水基準の検査を実施したほうが良いとされています。

水道水はおいしくないといわれることが多いですが、その原因は殺菌のために使用される塩素が主な原因です。水道水の塩素が気になる場合、適温に冷やして飲む、5分以上沸騰させて塩素臭をなくす、レモンを数滴加える(レモンの酸が水道水の塩素を中和するので塩素臭がなくなります)などの方法があると水道事業者は紹介しています。

水道水をまずくしてしまう塩素は、一般的に悪者扱いされることが多いですが、塩素を使わないと雑菌だらけの水になってしまうので、安全な水を供給するためにはどうしても必要なものなのです。しかし、近年になって、塩素は水道水をまずくするだけではないこともわかってきました。

水道水のデメリット

トリハロメタンという物質をご存知でしょうか?河川水などに含まれるほとんどの有機物やアンモニアは水中や土中の中で分解されるのですが、分解されにくい物質もあります。

その分解されず残った物質と塩素が結合するとトリハロメタンとなり、人体に有害な作用(腎障害、肝障害を引き起こす他、発がん性や催奇性も疑われています)を持つようになります。

おいしさと安全を天秤にかけなければならないということは、悲しい現実です。そこで愛飲される事が多くなったのが、お店などで販売されているミネラルウォーターでしょう。

水道水に比べて、多少の費用はかかりますが、おいしさと安全を選ぶ人が増えたということでしょう。

おいしい水の条件

人がもともと飲んでいた河川の水や地下水は、雨が大地にしみ込み、長い時間をかけて様々な地層を通って来たものです。

雨は不純物が少なく純水に近いので、ほとんど無味無臭といえる状態ですが、河川水や地下水になるまでに、様々な地層から溶け出した、いろんなミネラルや炭酸ガスを含んでいきます。

「おいしい」という感覚は、人それぞれですから、一概には言えないことですが、雨のように無味無臭の水をおいしいと感じる人は少なく、ミネラルや炭酸ガスを含む河川水や地下水などをおいしいと感じる人が多いのです。

つまり、水のおいしさには、このミネラルや炭酸ガスが関わっているということです。ただし、含まれるミネラルや炭酸ガスの量が多ければいいというわけではありません。程よい溶け具合が求められるのです。

ミネラルが多すぎると苦味を感じる人もおられますし、少ないと味気のない水になります。

炭酸ガスが適度に含まれている水は、まろやかでおいしいといわれています。 
炭酸ガスが多く含まれている程清涼感が強くなりますが、刺激が強いと感じるために苦手とおっしゃる方もおられます。

おいしい水の条件は、ミネラルや炭酸ガスが程よく溶け込んでいる事の他にも色々あります。

硬水と軟水

水には硬度というものがあります。簡単に説明させていただくと、水1リットルに、カルシウムとマグネシウムが合計何ミリグラム含まれるかを「硬度」といい、その量が少なければ軟水、多ければ硬水ということになります。

日本の水はほとんどが軟水であるため、飲み慣れていることも影響しているのでしょうが、日本人は軟水をおいしいと感じる傾向があるようです。

あとは飲むときの温度もおいしい水の条件として大切です。水をおいしいと感じる適温は10度から15度といわれています。

今ではたくさんの種類のおいしい水が販売されていますが、人によって好みは様々です。
みなさんのお好みにあう水がきっとあると思うので、探してみるのもお勧めです。

水道水に含まれる有害物質

水道水には、農薬や鉛、トリハロメタン、アスベスト、ホルムアルデヒドなどが含まれているといわれています。

これらの特性は下記の通りです。
これらの有害物質を体内に入れない為には、非常に高性能な浄水器を設置するか、水道水を飲まないという選択肢しかないように思います。

《農薬》
水道水に基準値以上の農薬が含まれている場合は、その水道水は供給できないとされています。しかし、その基準が他の国に比べて低いという現状です。
アメリカでは農薬類だけで29種類規定されていますが、日本では15種類しか規定がなく、かつ同じ物質に対する基準でも、アメリカで許される基準の3倍の量を認めています。 
人体への影響:手足のしびれ、神経麻痺、突然変異原性、発ガン性

《鉛》
水道水に鉛が含まれている原因は水道管が鉛管であることが原因です。1987年にその使用が禁止されましたが、国などが管理する水道管の内約20%が未だに鉛管であるといわれていますし、個人の敷地内にある水道管を含めると相当な量になるといわれていますが、費用が自己負担であることや鉛管の影響があまり知られていない為、その取替えが遅々として進まないのが現状です。 
人体への影響:知能低下、神経障害、消化管障害、疲労感、不眠、頭痛、関節痛、便秘、脳炎、痴呆、腎臓障害

《トリハロメタン》
塩素と、水道水に残留している有機物が結合するとトリハロメタンという物質になります。 
水道局の調査によると、水道水中に溶けているトリハロメタンは平均で0.028mg/Lとなっていました。日本の水質基準0.1mg/L以下は、十分にクリアしていますが、ドイツでは0.025mg/L以下という基準になっているので、日本の水道水はドイツでは飲料水としては供給できません。 
人体への影響:発ガン性、腎毒性、腎臓腺腫、肝毒性、肝細胞ガン

《アスベスト》
水道管の強度を上げるために使用されていたアスベストセメント管ですが、アスベストの持つ発ガン性が知られるようになり、1998年に全面使用禁止・製造中止となっています。
しかし、国内の全水道管の内20%が未だにカーアスベストセメント管という状況です。全ての撤去工事が終了するまでには年月を要するようです。 
人体への影響:食道ガン・胃ガン・腸ガン・肺ガン・腹膜ガン

《ホルムアルデヒド》
水道水をオゾン処理する過程で生じる副生成物です。塩素浄水システムに比べ、オゾン浄水システムは高度な技術ですが、オゾン自体に呼吸器系毒性や発ガン性を持っている事も確認されています。 
人体への影響:非常に高い発ガン性、変異原性、催奇形性、神経毒性

水質汚染の実態

日本の水質汚染は高度経済成長の副産物ともいえるものです。 経済成長を優先し、水や環境への影響を考える事はなかったのでしょう。 かつては自然豊かで、水も清らかだった日本では考えられないような状況になりました。

工業廃水などを原因とした公害事件も起こりました。

近年では、有害な重金属や合成有機化合物を含む廃水を規制する法律が制定され、随分と状況は改善されていますが、全ての企業が基準を遵守している状況ではありません。

土壌汚染防止の為に廃棄物処理に対する法律も厳しくなりましたが、不法投棄も後を絶ちません。 そうした不法投棄によって汚染された土壌を通って河川や地下にしみ込んだ水は有害物質を多く含み人体にも悪影響を与えます。

工業廃水や土壌汚染が水質汚染の大きな原因である事は間違いありませんが、近年の水質汚染の一番の原因は家庭排水にあるのではないかとも言われています。

生活排水には多くの有機物や化学物質が含まれていて、その量は年々増加しているといいます。

工業排水や生活排水にもともと含ませる有機物や化学物質はもちろん有害なものですが、それだけが水質汚染の原因ではありません。

工業排水や生活排水には、たくさんの窒素やリンが含まれているのですが、それらは湖や貯水池に植物プランクトンや藻類などを異常発生させるなど多大な影響を持っています。

汚染された水道水

そうして発生した植物プランクトンや藻類は緑、赤、褐色などに色づく現象を起こしたり、異臭を放ったりします。この状態は見た目にも臭いでもとても不快なものです。

異臭を放ち色づいた湖や貯水池の水などを水源にしているのです。 それを考えると少し水道水を飲むことに躊躇を覚えます。

工業廃水や土壌汚染の問題は、私たちには難しい大きな課題ですが、私たちにもできることはあります。 自分たちの大切な水や環境を守る為に、環境に対する配慮を持ってできることから努力をして日常生活を送ることが水質改善への近道となるのではないでしょうか。

ウォータースタンドの口コミを網羅!【マジ得必勝ガイド!!】