美容は水から

赤ちゃんの肌と成人女性の肌の違いは、皮膚に含まれる水分量にあります。

加齢に伴って肌のハリを保つ為に必要な、コラーゲンやヒアルロン酸を代表とする成分が減少してゆき、水分を皮膚内部に保つ事ができなる事が原因で肌はハリを失い、やがてしわになります。

それなら、水分やヒアルロン酸、コラーゲンなどを皮膚表面から補えばいいのかというと、それだけでは本当のハリを取り戻す事はできません。

化粧品によって、ある程度の効果は得られますが、化粧品は皮膚組織にはなりません。 やはり、体の中から補わなければ本当のハリは生まれません。

キメ細やかな、ハリのある肌は活発な新陳代謝によって作られます。

新陳代謝とは、古いものを排出し、新しいものに生まれ変わるということです。しみや吹き出物は新陳代謝が上手くできていない証拠です。

新陳代謝を活発にする為には、睡眠をしっかりとること、栄養バランスのよい食事を摂る事、そして水分をしっかりと摂る事が必要です。 しっかりと水分を含む血液は、常に新鮮な酸素や栄養を届け、老廃物を運び出してくれます。

しかし、血液中の水分が不足していると、血流が滞ったり乱れたりします。 すると、新鮮な酸素や栄養が隅々まで行き届かず、老廃物が溜まりやすく、体がさびた状態になります。 そのさびた状態がまさに老化です。

また、皮膚は目に見えないほどの汗と皮脂によって作られる皮脂膜に守られています。水分不足の人は発汗作用が落ちている場合も多く、この皮脂膜がうまく作られないので、乾燥肌やアトピーの原因にもなっています。

水で健康的に綺麗になる

人は、特に運動をしなくても、1日に2300ミリリットルの水分を失っていきます。
その水分を体に補給する為には、食事から約1000ミリリットル、飲み物から約1500ミリリットルを摂る必要があるといわれています。

飲み物はできれば、お水が理想的です。 お茶やコーヒーを少量加えても問題ありませんが、1500ミリリットル全てがお茶やコーヒーではカフェインの量が多すぎますし、浸透圧の関係からお勧めできません。

美容やスタイル維持を日頃から心がけるモデルさんなどは1日に2リットル以上の水を飲んでいるといわれています。

水の摂りすぎは返って健康を害すると言わることもありますが、適度な運動と睡眠を十分にとり、栄養バランスを考えた食事を摂っている方は、水分代謝がよく、必要のない水は排出されます。

急激に大量の水を飲むと頭痛を起こすこともありますが、一時にまとめて水の飲んでいるのではなく、一日かけて、ゆっくりと水を飲んでいるので、健康な人の場合、問題のない量とされています。

※但し、腎機能の低下している人や妊婦さんは水分を制限される事がありますので、その場合は医師の指導に従って下さい。

体に良い水の条件

水の種類によって様々な良い点がありますが、有害物質を含まないということが、一番ではないかと思います。

家庭用の浄水器を使用されているご家庭もたくさんあると思いますが、その性能には大きな差があります。浄水器の販売価格が高ければ性能がよく、安ければ劣るというわけでもないようです。

以前、O-157という病原体による食中毒が注目されたことがありましたが、「水道水に含まれるO-157を除去できます」と断言できるメーカーは少なかったといいます。

O-157と同じように、水道水に含まれる他の有害物質を取りきれない浄水器もあるということではないでしょうか。

もちろん浄水器を否定しているわけではありません。その性能を十分に把握し、理解した上でお使いになる必要があるように思います。

その点、現在飲用として販売されている水は、有害物質を含まない安全な水です。 また、ボトリングの際にも、衛生面には細心の注意をはらっているので、安心してお飲みいただけます。

現在飲用として販売されている水は、ミネラルウォーターや、硬水、軟水、純水など様々ですが、いずれも適した飲み方をすれば体に良い効果があります。 その特性を理解して、状況に合わせて飲み分けていただければ、更にいいのではないかと思います。

栄養素と水の種類

ミネラルウォーターには様々なミネラルが豊富に含まれているので、食事だけでは摂りきれないミネラルを手軽に摂る事ができ、健康や美容を気遣う方には適しています。また、スポーツ後にはナトリウムの豊富なミネラルウォーターが適しています。

硬水は、特にマグネシウムやカルシウムが豊富なので、特に便秘がちな方に適しています。

軟水は、日本人には馴染みが深く、適度なミネラル成分が含まれているので、まろやかで甘味があり、おいしくいただけます。必要以上に体を冷やしてしまうと、代謝が悪くなるので、健康や美容を害する事もありますのですが、軟水は温めて飲んでもおいしくいただけるので、体を冷やすことなく水分を補給できます。

純水は、赤ちゃんの敏感な内臓や皮膚を刺激することがないので、ミルクの調合に一番適していますし、お口拭きやお尻拭きにもお勧めです。

このような水の優れた特性を理解しその特性に合った摂取をすること、そして、安全な水を安心して頂けるということが一番体に良いといえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です