還元水とは

「還元」とは、「ある物質から酸素を奪う、あるいは水素を与えること」です。

還元水というからには、「何か」を還元させる水なのだろう・・とお考えになりますよね。 その「何か」とは、おおむね活性酸素を指します。

つまり、還元水とは、「活性酸素を還元させる水」ということです。

活性酸素については、お聞き及びの方もたくさんいらっしゃるでしょうが、簡単に説明しておきます。

活性酸素は、食事で摂取した糖質をエネルギー物質に変える働きを持っています。 また、血液中で異物である細菌を分解する時に、活性酸素が働いています。

このように、生命を維持する為に必要な働きをする活性酸素なのですが、過剰となった活性酸素は、老化を促進させたり、免疫機能に悪影響を与えたりと体によくない働きをしてしまうのです。

そのため、過剰な活性酸素を体外に排出することが必要となるのです。

還元水と種類

還元水と呼ばれている水には、「天然の還元水」「電解還元水」などの種類があります。

天然の還元水は、説明の必要もないかもしれませんが、人為的な処理を行われていない還元作用を持つ水です。 電解還元水とは、電気分解で生成された水です。

酸化還元電位(下記※参照)が±0mv~-199mvまでの水を還元水、200mv以上のマイナスの酸化還元電位を有する水を電解還元水と分けることもありますが、還元水と電解還元水は同義と考えていただいても問題ないといわれています。

ちなみに、水素は-420mvの酸化還元電位を持っています。その水素の高い還元力に着目し、開発されているのが、還元水、水素水、活性水素水です。メーカーや販売元によって、呼称が異なるようですが、還元という同じ働きを活かす様に開発されたものと考えて頂いても支障ないと考えます。

※酸化還元電位とは
ある物質が他の物質を酸化しやすい状態にあるのか、還元しやすい状態にあるのかを表す指標です。 この値がプラスで大きければ、酸化力が強く、マイナスで大きければ還元力が強いということになります。

単位はボルトで表され、上記文中のmvはミリボルトです。

日田天領水とは

日田天領水とは大分県日田市中ノ島町の深い深い地層の下から汲み上げられている深井戸水を、採水地でボトリングしたミネラルウォーターの商品名です。

様々な品評会で受賞した事もあり、メディアでも紹介されたため、注目されている商品です。

「天然活性水素水」「天領水」「天然還元水」「活性水素水」「還元水」などとも呼ばれています。

空気に触れると酸化が進んだり、空気中の細菌が影響する事もあるので、開封後も空気に触れず衛生的に保つように工夫されています。

日田天領水にはたくさんのミネラル成分が豊富に含まれています。

それらのミネラル成分の一部とその効果をご紹介します。

日田天領水の成分と効果

《水素》
癌や高血圧・動脈硬化・糖尿病・メタボリック症候群等の生活習慣病やアトピー性皮膚炎等の多くの病気の原因の1つと考えられている活性酸素を排出する働きのある水素を、水分子や炭酸水素イオンのような形で豊富に含んでいます。 日田天領水の大きな魅力の一つといえるでしょう。

《ケイ素》
風味や食感、保湿など様々な特性に関与していると考えられています。米や麦などのイネ科の植物はケイ素の含有量が多く、同じくケイ素を多く含有する日田天領水と相性がよく、炊き上がり直後はもちろん、冷めてもおいしくご飯が食べられるといわれています。

《炭素》
炭素の働きによって、日田天領水は一定のアルカリ性に保たれています。 アルカリ性の水で緑茶や紅茶をいれると、色が鮮やかになるのですが、日田天領水でいれた緑茶や紅茶は色が鮮やかなだけではなく、多くのミネラル成分の働きから風味もよくなると言われています。

《カルシウム》
カルシウムはアルカリ性の強い水には溶解しにくい性質があるのですが、日田天領水には9.6ミリグラム/L含まれており、これは日田天領水のアルカリ値にとって限界に近い量といえます。

日田天領水に含まれる炭酸水素イオン、ナトリウムイオン、カリウムイオンの働きによって、まるで重曹を使ってアク抜きをしたようになるため、手間も省けると料理の下準備においても好評です。

また、多くのミネラル成分と食材に含まれる成分が働きあうことで、絶妙のおいしさとなるとも言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です