海洋深層水とは

深度200メートル以深の深海に分布する海水を海洋深層水と呼びます。海水には、人が必要とするミネラルがバランスよく含まれているという特性があります。

それは表層水でも深層水でも同じですが、表層水と深層水を比較すると、深層水は人にとって優れた特性が多く、商品化へとつながりました。

海水中の植物プランクトンは、無機栄養塩を吸収し成長しますが、太陽光が届かない深層では、光合成が行われないので、植物プランクトンが少なく、表層海水に比べて無機栄養塩が豊富に存在します。

深層水は、陸水汚染や大気汚染の影響を受けにくく、化学物質や汚染細菌数が少ないです。

また、表層水温が季節によって変動するのに対し、深層水は一年を通して低温で安定していますし、長い年月をかけて成分が形成されているので、水質も安定しています。

もともとミネラルが豊富な海水ですが、深層水の方が不純物が少なく、人体のミネラルバランスと似ているといわれます。

人は体内でミネラルを作ることができないので、食事などから摂取しなければなりません。
不足しても、過剰でも健康を損なうので、バランスが重要と言われていますが、その点で深層水は非常に優れたバランスを持った水です。

各メーカーでは深層水を原料として、塩分を取り除き、硬度調整するなどしています。目的にあわせてお好みの硬度の深層水をお求め下さい。

アルカリイオン水とは

アルカリイオン水には、天然のものと、アルカリイオン整水器(アルカリイオン生成機ともいう)から作られるものがあります。

アルカリイオン整水器は家庭用医療機器として厚生労働省から認められているものがあります。

その使用目的は、「胃腸症状改善のための飲用アルカリ性電解水の生成」と定められていて、臨床結果によると、慢性下痢・消化不良・胃腸内異常発酵・制酸・胃酸過多に有効であったとされています。

最近では、癌や高血圧・動脈硬化・糖尿病・メタボリック症候群等の生活習慣病やアトピー性皮膚炎等の多くの病気の原因の1つと考えられている活性酸素を抑制する効果があるともいわれていて、研究が進められており、医療分野でも注目されています。

有効な働きを持つ

アルカリイオン水は、他にも人に有効な働きをたくさん持っています。

水道水と比較すると、緑茶や紅茶の色をより鮮やかにし、かつカテキンの抽出量を増加させます。

昆布だしをとる際にも、うまみ成分であるグルタミン酸の抽出量を増加させます。油を溶かす力も強いので、体内の油を排出したり、洗浄効果も高いです。

他にも様々な働きを持っていますが、水道水をアルカリイオン水に変えるだけで、健康面だけではなく、ごく当たり前の日常生活をより豊かにしてくれるというのは嬉しい事ですよね。

ちなみに、アルカリイオン水の中でも、酸化還元電位(下記※参照)が-200を超えるものは、「還元水」や「活性酸素水」と呼ばれる事もあります。

※酸化還元電位とは
ある物質が他の物質を酸化しやすい状態にあるのか、還元しやすい状態にあるのかを表す指標です。この値がプラスで大きければ、酸化力が強く、マイナスで大きければ還元力が強いということになります。

名水とは

「名水百選」や「平成の名水百選」を環境省が選定していることをご存知の方も多いでしょう。なんとなく名水というと、「そのまま飲めるおいしい水」というイメージがあるのではないかと思うのですが、環境省が選ぶ名水には、飲用には煮沸が必要なものもあります。

ちなみに、環境省が名水と扱うのは、保全状況が良好で地域住民などによる保全活動がある水です。

また、「おいしい」という感覚は、人それぞれの好みがあることですし、軟水であるのか硬水であるのかも色々です。大辞林によると、名水とは茶の湯に適した名高い清水とされています。

このように、現在でも「名水」と呼ぶ水の明確で具体的な基準はありません。

日本人は、有機物が少なく、ミネラルの含有量が少なめの軟水を好む傾向が強いようで、環境省の選ぶ名水百選で選ばれている水も8から9割が軟水で占められています。

最近では、名水が観光客へのアピールとなり、大切な開発資源となっているのですが、その観光開発が進んだ結果、名水にとって必要な環境が適性に維持できなくなり、消滅していることがあります。名水はその土地にとっての宝であるだけでなく、日本全体の宝です。みんなの心がけ一つで守る事ができる宝なので、大切にしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です