酸素水とは

酸素水は、酸素濃度を高めた水のことで、通常の水よりも多くの酸素を体内に取り入れることができると言われています。

酸素水が注目されるようになったのは、生活習慣病がメディアなどで多く扱われるようになった頃と前後するかもしれません。

「酸素水と生活習慣病って関係あるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。まずは、酸素の働きと、酸素欠乏(以下、酸欠)についてお話したいと思います。

食物が消化吸収され体内でエネルギーとして燃焼するとき、酸素が必要です。
現代の高カロリー高脂肪の食事は酸素を大量に消費してしまう為、体は酸欠に陥ります。

体と酸素の関係

運動不足も酸欠の原因です。

一見、運動すると酸素をたくさん使ってしまうので、運動をするほうが酸欠になりやすいと思われる間もしれませんが、適度な運動を継続する事で心臓が活発に働き、心筋が丈夫になります。

すると体内に酸素を取り入れる能力が高まるのです。 言い換えると、運動不足は心筋を衰えさせ、酸素を取り入れる能力を低下させてしまうのです。

その他、喫煙・飲酒・ストレスも酸欠の原因になります。

酸欠状態の血液は、細胞の働きを鈍らせてしまうので、生活習慣病へとつながっていくのです。 酸素を多く体内に取り入れることができれば生活習慣病を予防できるということです。

酸素水を日常生活に上手に取り込むことによって、生活習慣予防の他にも、疲労物質(乳酸)の分解や、脳細胞の働きを活発にするなどの働きがあるので、スポーツや勉強・仕事にも効果があると言われています。

酸素水が注目されるようになってから、日も浅く、現時点では酸素水については研究半ばというところですが、注目度の高い水です。

超ミネラル水とは

人にとって欠くことのできないミネラルは、残念ながら体内で作る事はできませんので、食物や飲料などから摂取しなければなりません。

しかし、現代人はミネラル不足であると言われています。 ミネラル不足が人にどういった影響を及ぼすのでしょうか。

良く知られているのは、カルシウム不足は骨を脆くする、鉄分不足は貧血を起こす、亜鉛不足は味覚障害や脱毛の原因となる、などでしょうか。

他にも、免疫力を低下させたり、生活習慣病の原因となったりと様々な影響があります。

そもそも人を始めとする動物は、土壌に含まれるミネラルを吸い上げた野菜などを食べる事で、ミネラルを摂取していました。

しかし、その土壌が汚染されたり、促成栽培が盛んになった為に、かつて程のミネラルを保たれていませんので、野菜自体に含まれるミネラルが減少しています。

ほかにも、ミネラルが豊富な海水から作られた塩を使うことでもミネラルを摂取していましたが、今は人工的なナトリウム塩が多く使用されています。

野菜や塩だけが原因ではありませんが、現代人にとってミネラルを効率よく摂取するのは難しいのです。

バランスよく栄養が取れる

そこで注目されているのが超ミネラル水です。超ミネラル水とは、メーカーによってその製造方法や含まれる成分やその量は異なるでしょうが、様々なミネラルがバランスよく含まれていて、かつ体内に吸収されやすいように、ミネラルがイオン化されています。

単なるミネラル水との違いはミネラルがイオン化されているかどうかという点にあるようです。

超ミネラル水には、細胞エネルギーの増加や、免疫細胞の活性化する働きもあるために、自然治癒力を高める他デトックス効果もあると言われています。

保存水とは

いざという時に備えておきたいのが、保存水です。

普通のミネラルウォーターなどの水と保存水の違いは、その品質保持期限にあります。

普通のミネラルウォーターなどは2年程度の期限が一般的ですが、保存水は5年から長いもので10年、品質を保ち続ける事ができるのです。

メーカーによって、保存水の製造方法や品質についての定義などは異なるので、保存水とはこういうものですと言い切る事はできませんが、できるだけ不純物を取り除き、純水に近づけたものが多いようです。

ミネラルなどが多く含まれていると、どうしても酸化する速度が早くなり、長期にわたって品質を保持する事が難しい為です。

保存水は、いざという時の為だけはなく、日常生活でお使いいただいても、その品質の高さには満足いただけるものが多いのではないかと思います。

不純物を取り除いていますので、水本来のおいしさがありますし、お料理の際にも、素材の味を活かすことができます。ミルクを作る時にも適しています。

また、肌にも優しいので、赤ちゃんの顔を拭いてあげたり、オムツかぶれの予防にも使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です